次項有『ファンをつくり出す歯科医院経営』等・澤泉千加良著書読者プレゼント申込みNEW

ゴールが違えばスタートも違う

2007年3月20日

歯科医院「開業&経営」専門サポート税理士・会計事務所の全国ネット 

メジャーリーグでの活躍が期待される、松坂大輔投手の出身高校の
横浜高校の野球部の渡辺監督が、松坂投手が2年生の夏の県予選
決勝で負けた時、松坂投手に送った言葉があります。


『目標がその日その日を支配する』

どこまで行くのかどこまで登るのか、同じ一日同じ一歩でも覚悟が違う

十里の道も一歩から、百里の道も一歩から、千里の道も一歩から同じ
一歩でも覚悟が違う



つまり、42.195キロのフルマラソンを走るのと5キロを走るのとでは
事前のトレーニング、道具等の準備、スタートラインでの心構えスタート
の一歩、どれも同じ一つのことでも、その覚悟や取り組み方が違うとい
うことです。


この言葉を大切にした松坂投手は、それまでの『甲子園出場』という目
標を、『甲子園での優勝』に変えることで、これまでの練習量、質、取り
組み方の甘さに気づき、それ以降、練習量、質、取り組み方を充実させ
ていった結果が、3年の時の“春夏甲子園優勝”という結果につながっ
たそうです。


野球に限らず、歯科医院の開業、会社の設立などにも通じる大切な言
葉だと思って歯科医師の皆さんにずっとお伝えしている言葉です。


特に、これから歯科医院を開業される歯科医師の皆さんには。


『何のために歯科医院を開業するのか?』


という


『歯科医院を開業する目的』


によって


『どんな歯科医院をつくるか』

『どんな歯科医院を築きあげるか』



という


『目標』


は違ってきます。


そして、どこまでの結果を得ることを『目標』にするかで、『歯科医院を
開業する』 にしても、やる事も変わり、量も増え、やる事は同じでもそ
の取り組み方や覚悟が違ってくるということです。


『歯科医院を開業するための準備や覚悟が違ってくる』


ということが伝わってくる言葉です。


皆さんの


『何のために歯科医院を開業するのか?』


という『目的』を実現するための


『どんな歯科医院をつくるか』
『どんな歯科医院を築きあげるか』


 
という『目標設定の大切さ』を、これからメジャーリーグという新しい環境
に飛び込んで新しいチャレンジをスタートする松坂大輔投手が、同じよう
に『歯科医院の開業』という新しい環境に飛び込んで新しいチャレンジを
スタートされる、開業準備中の歯科医師の皆さん、開業を考えている歯
科医師の皆さんに、目的を実現するために『大切なこと』教えてくれてい
るのではないでしょうか。


メジャーリーグで大活躍する松坂大輔投手の姿を見るたびに、


『目標がその日その日を支配する』

どこまで行くのかどこまで登るのか、同じ一日同じ一歩でも覚悟が違う

十里の道も一歩から、百里の道も一歩から、千里の道も一歩から同じ
一歩でも覚悟が違う



という、現在の松坂大輔投手の源になった恩師の言葉を思い出しなが
ら、皆さんの『目的』の実現、そしてそのための『目標』の達成に、一歩
一歩近づいていってみてはいかがでしょうか。


この文章を書いていて、あらためて私もそうしたいと思いました。


似顔絵

■歯科医院開業&経営サポートの『歯科医院サポート会計事務所.net』トップへ ≫