次項有『ファンをつくり出す歯科医院経営』等・澤泉千加良著書読者プレゼント申込みNEW

『行く理由』ありますか?『行く理由』つくってますか?

2007年4月4日

歯科医院「開業&経営」専門サポート税理士・会計事務所の全国ネット

歯科医師の皆さんとお話させていただいたり、歯科医院にお伺いさせて
いただいた時に必ず考えるようにしていることがあります。

それは、

『この先生の歯科医院は、たくさんある歯科医院の中で何が一番かな?』
『この先生は、たくさんの歯科医師の中で何が一番かな?』


ということです。

ただ、残念ながらこの『一番』がスグにわからない歯科医院、先生が多
いのが現実です。


誤解しないでいただきたいのが、

一番が『無い』のではなく、スグに『わからない』ということです。


なぜ、スグに『わからない』のかというと、

先生自身が、自分の医院の『一番』、自分の『一番』に気づいてない。

気づいていないので、私に自分の歯科医院の『一番』、自分の『一番』を
伝えていない、表現していないからです。



ただ、なぜ一番が『無い』のではなく『わからない』なのかと言うと、歯科
医院にお伺いさせていただいた時やセミナー後の懇親会で先生のお話
をいろいろと聴かせていただくと”

『この歯科医院の“一番”は●●だなぁ。』

『この先生の“一番”は○○だなぁ。』  

とわかるからです。


つまり、本当は『一番』があるのに、残念ながら自分では気づいていら
っしゃらない先生方が多い気がします。


ですから“伝えてない”“表現できてない”という状態になってしまって
いる。

『とってももったいなぁ〜』と思います。   

これでは、皆さんの歯科医院の『一番』は患者さんにもわからないから
です。


これだけたくさんの歯科医院がある中で、患者さんに見つけてもらうた
めには、何か『一番』があったほうが患者さんが見つけてくれやすくな
ります。

この『一番』、言葉を変えると、

患者さんが、他の歯科医院ではなくて、
        皆さんの歯科医院に『行く理由』です。



たくさんの歯科医院がある中、他の歯科医院ではなくて、患者さんが
皆さんの歯科医院に『行く理由』はありますか?

たくさんの歯科医院がある中、他の歯科医院ではなくて、患者さんが
皆さんの歯科医院に『行く理由』つくってますか?


そして、これから歯科医院を開業される皆さんは、

患者さんが他の歯科医院ではなく、皆さんの歯科医院に『行く理由』
を表現できる歯科医院づくりの準備を進めていらっしゃいますか?



少し立ち止まって考えてみることをオススメします!



似顔絵


人気blog