次項有『ファンをつくり出す歯科医院経営』等・澤泉千加良著書読者プレゼント申込みNEW

年間10,000ページ!

2007年07月10日

歯科医院「開業&経営」専門サポート税理士・会計事務所の全国ネット

皆さんは、1年間にどれぐらいの本を読んでいらっしゃいますか?


長男が通っている中学校には、毎朝『読書タイム』があります。

その『読書タイム』の目標は、

『年間10,000ページ読破!』

だそうです。

1冊200ページと考えると、年間50冊、1ヶ月4冊ということに
なります。


本を読む機会が少なくなっているので、『読書の習慣づくり』が
この『読者タイム』 の一つの目的のようで、読書に対しての抵
抗感をなくしたり、毎日読書を続けて習慣化するために、本の
内容には特に制限を設けず、ハードルを低くしてくれているよう
です。


ですから私の長男も、

『バッテリー』
『ひたむきに―松坂大輔、“超一流”への道』
『工藤公康・僕の野球塾―考える力こそ最強の武器』
『佐賀のがばいばあちゃん』

など、大好きな野球の本を中心に好きな本を読んでいます。

先週末も一緒に書店に行って、

『栄光のマウンド 早実VS駒大苫小牧』

買ってきました。


私の“何かをずっと続ける”ための必須条件

“楽”
“楽しい”


ではないですが、学校が行ってくれている、本の内容を制限せず
“自分が好きな本”を読ませてくれて、読書を “楽しい”と感じさせ
てくれているのは、長男の『読書の習慣づくり』には、とっても良か
ったようです。


学校に感謝です!


小学校の授業参観に行った時にも、授業での“子どもたちにとって
まったく新しいこと”を教える、先生の教え方、伝え方から学べるこ
とがたくさんありますが、この学校が行ってくれている『読書タイム』
からも、“新しい習慣をつくるために大切なステップ”を、あらためて
感じました。


実は我家には、

『ドカベン』(48巻)
『ドカベン・プロ野球編』(52巻)
『ドカベン・スーパースターズ編』(18巻)
『メジャー』(63巻)
『クロカン』(27巻)
『大きく振りかぶって』(8巻)

と、200冊を超える野球マンガが本棚に並んでいます(笑)


今考えると、野球が大好きな子どもたちに読ませていた、これら
の大量の『野球マンガ』 も、文字への抵抗感をなくして、読書の
習慣づくりのためには役に立っているのかな(笑)

そして、『東京中日スポーツ』も(笑)


これからも好きな本をどんどん読んで、今自分が習慣化できて良
かったと思っている、『たくさんの人の経験を学べる読書の習慣』
をつくっていってくれればと願っています。


追伸

“衝動入隊”した『ビリーズブートキャンプ』も、6日目のプログラム
が終了しました。

1、2日目の基礎プログラムは『キツイ!』
3、4日目の応用プログラムは『さらにキツイ!』

と思いましたが、5、6日目の腹筋プログラムは、腹筋をず〜っと
鍛えている私にとっては『楽!』に感じました。


※注 :これはあくまでも個人的な感想です(笑)


やっているうちに気づきましたが、プログラムは『キツイ!』のです
が、このDVDからは、仕事に活かせるいろいろなことが学べるの
で楽しいですよ!


あと1日頑張ります!


似顔絵


人気blog

■歯科医院開業&経営サポートの『歯科医院サポート会計事務所.net』トップへ ≫