次項有『ファンをつくり出す歯科医院経営』等・澤泉千加良著書読者プレゼント申込みNEW

2008年「毎朝の時間の使い方に変化をつける!」Part.2

2008年3月5日

“プラス家”の澤泉千加良です!

昨年10月、2008年から実践することの一つとして決めた

「毎朝の時間の使い方に変化をつける」


その「朝の時間の使い方」の一つは、以前ご紹介した

『週2回ランニングマシンで2キロ走る!』

ことを実践しています。

10月からの練習期間を合わせると5ヶ月が経過しました。


せっかく習慣化できたので、このままず〜っと続けて、

来年の「東京マラソン」にチャレンジします!

抽選に当たったらの話しですが・・・(笑)


1回2キロですが、月に8回走るので1ヶ月に16キロ。

来年の「東京マラソン」までの1年間続けると・・・。

200キロ近く走ることになるんですね!
日本橋からだとどの辺りまで行ける距離なんでしょう?

とってもいい練習になりそうです(^^)


絶対当たりますように!

何人の方がこのブログを読んでいただくかはわかりませんが
公言してしまったので、もう走らないわけにはいかないですね(^^)


『週2回ランニングマシンで2キロ走る!』という、「朝の時
間の使い方」の他には、

『感謝の手紙を、毎朝一枚書く』

ということもはじめました。

「お礼状を、毎朝一枚書く」ということです。


昨年末、お話を聴かせていただいた歯科医師の方がずっと
続けて行っていらっしゃる、

「毎朝とっても早く歯科医院に行き、患者さんのことを
 考える時間を設ける」


という「朝の時間の使い方」をヒントにさせていただき始めた
「朝の時間の使い方」です。


「感謝の気持ちを忘れない」で仕事をしたい!
「感謝の気持ちを忘れない」で過ごしたい!

と思っています。

ただ、本当に忘れずに、毎日ずっと持ち続けられているかと
いうと、自信満々「ハイ!」と答えられるような状態の日だけ
ではなかったと思います。


今年から『感謝の手紙を、毎朝一枚書く』ことを始めたことで

『ありがとうございます。』

という「感謝の言葉」を、毎朝手紙に書くようになりました。


そうすると、

「感謝の気持ちを忘れない」

ということを一日のはじまりに、毎日自然に確認できるように
もなったんです。

『感謝の手紙を、毎朝一枚書く』ことをはじめたことで、少しだ
けかもしれませんが、昨年よりは確実に、 「感謝の気持ちを
忘れない」で、一日を過ごせるようになっているのではないか
と思っています。

そして、一日に一枚ですが、一年間で300人以上の人に
「感謝の気持ち」を表現することもできるようにもなりました。


『感謝の手紙を、毎朝一枚書く』

私にとって、この「朝の時間の使い方」も、とっても大切な
ものになっています。


「毎朝とっても早く歯科医院に行き、患者さんのことを
 考える時間を設ける」


という「朝の時間の使い方」をずっと行っていらっしゃる先生の
医院には、毎月500人を超える患者さんが来院されています。

東京都内の平均の3倍くらいの患者さんが集まって来られて
います。

この先生の患者さんへの想いや姿勢が、患者さんにしっかり
伝わっていらっしゃるんでしょうね。


素敵な「朝の時間の使い方」に出逢わせていただき、本当に
ありがとうございました。


皆さんは、一日のはじまりの朝の時間、どんな使い方をして
いらっしゃるのでしょうか?

オススメの時間の使い方があったら、ぜひ教えてください!


似顔絵

“プラス家”とは?

『プラスにする』(プラス化)専門家
『プラスのことを与える』(プラス加)専門家

        
のことです! by 澤泉千加良


人気blog


■歯科医院開業&経営サポートの『歯科医院サポート会計事務所.net』トップへ ≫