次項有『ファンをつくり出す歯科医院経営』等・澤泉千加良著書読者プレゼント申込みNEW

“生きていく基準”としての父の存在

2008年4月4日

こんにちは!

“プラス家”の澤泉千加良です!


昨日ご紹介させていただいた、東池袋山内歯科室院長の
山内浩司先生の本『心にスマイル』は

“生きていく基準としての父親の存在”

を思い出させてくれました。


『父親のようになりたい!』
『父親のようにはなりたくない!』


というふうに思ったことはありませんか?


私は、父が他界した後、考えるようになりました。


父は生前、テニスラケットメーカーでは当時国内最大手の
会社で部長職をしていました。

父が他界した後、父と一緒に仕事をしていた同僚や部下の
人たちから、父の会社での姿を聞かせていただく機会に恵
まれました。

それまで全く知らなかった父の姿がそこにはありました。

当時、大学を卒業したばかりで社会人一年目だった私には
父の会社での姿やまわりの人たちとの関係が、尊敬という
か誇りに思えることばかりで、父の話を聴かせていただく
うちに、それまではなかった

“生きていく基準としての父の存在”

が自分の中に出来上がってきました。


『社会人として父のような人間になりたい!』

という“生きていく基準”が、会社で働きはじめたばかり
だった私に出来上がってきました。


山内先生の本『心にスマイル』は、

“生きていく基準としての父の存在”

が自分の中にできた、今から20年も前のことを思い出さ
せてくれました。


自分の子どもたちにも、

“生きていく基準”となる

“誰”

という存在が、これからできると思います。


その“誰”という存在に、父親である自分がなれるように
生きていきたいということもあらためて決意させてくれました。

山内先生、本当にありがとうございました。


似顔絵

“プラス家”とは?

『プラスにする』(プラス化)専門家
『プラスのことを与える』(プラス加)専門家

        
のことです! by 澤泉千加良


人気blog


■歯科医院開業&経営サポートの『歯科医院サポート会計事務所.net』トップへ ≫