次項有『ファンをつくり出す歯科医院経営』等・澤泉千加良著書読者プレゼント申込みNEW

“あきらめるレベル”が同じ?

2008年6月12日

この前のブログにも書いた、映画「ROOKIES-卒業-」
長男の野球の試合を見ていて、あらためて強く感じた


『最後まであきらめない』


ことの大切さ。



“最後”までの


“最後”



ROOKIESで言えば “夢”


『みんなで甲子園に出場するという“夢”』



長男の野球の試合で言えば “目標”


『優勝して仲間と東京都大会に出るという“目標”』



を実現するまで、“あきらめない”ことの大切さ


をあらためて感じさせてくれる映画や野球に、2日間連続で
触れていたら、以前ある社長さんから教えていただた


『最後まであきらめない人間』になるためには

 “あきらめるレベルを上げる”トレーニングをすること



の大切を、あらためて実感しました。


セミナーなどでお伝えすることがある話です。

今日は少しご紹介します。


↓ ↓ ↓


今から10年以上前に、ある社長さんから教えていただいた
ことを、私は今でも大切にしています。


それは、


 「凡人が“あきらめるレベル”で絶対にあきらめないで   
                 “ずっと続けること”が大切」


ということです。



社:『澤泉さん、普通の人や凡人、つまり成功していない人と
   成功している人の違いって何だかわかる?』


私:『・・・・・』


社:『“あきらめるレベル”が違うんだよ。』


私:『“あきらめるレベル”?』


社:『どんな分野でも、どんな業界でも、普通の人や凡人は
   だいたい“あきらめるレベル”が同じなんだよ。』


  『うまくいかない・・・』

  『儲からない・・・』
 
  『苦しい・・・』


  『そんな時に、“あきらめちゃうレベル”が同じなんだよ。』


  『すごい低いレベルでほとんど同じ!』


  『だから人数も圧倒的に多い』

  『だからその他多勢になっちゃうんだよ!』


  『成功している人は、その低いレベルでは、あきらめない人なんだよ!』


  『でもほとんどいない・・・』


  『あきらめないで続けていると、その分野の“スペシャリスト”に
   なるだろ』


  『“スペシャリスト”は強いんだよ!』


  『理由は簡単!』
  

  『その分野のスペシャリストを探している人が必ずいるから』


  『どの分野、どの業界でも、お客様を探すのが本当に楽になる
   からだよ』


  『それと、たとえあるお客様のところで競合した時も、スペシャ
   リストとその他多勢、プロとアマチュアとではどっちが勝つ?』


私:『プロだと思います。』


社:『そう!』


  『だから!

   「凡人があきらめるレベルで絶対にあきらめないで
   
   “ずっと続けること”が大切」

   なんだよ!』


  そのためには、

  
  『“あきらめるレベルを上げる”トレーニングを、
                  日々欠かさないことが大切なんだよ!』



ということを、教えていただきました。


これが、私が大切にしている


『ずっと続けること』

『継続』


の原点となっています。


そして、社長がおっしゃっていたように、


『ずっと続けていると本当に良いことがある』


という体験を、何度も何度もさせていただいています。


小学校への

『朝登校1番』

をずっと続けている三男も、6年生までずっと続けて
いくことで、“良いこと”をいくつも体験できるのでは
ないかと思っています。


似顔絵

“プラス家”とは?

『プラスにする』(プラス化)専門家
『プラスのことを与える』(プラス加)専門家

        
のことです! by 澤泉千加良